SHIDEN DESIGN BLOG

thumnail_20170210

ウェブマーケティングで顧客の心を掴む方法5選

SponsorLink

パソコンやスマートフォンの利用時間が増える中、ウェブ上でのマーケティングがますます重要になってきています。
コンテンツに対しての反応数は、顧客の心を掴んだ数としてひとつの指標になります。
そこで、ウェブサイト、SNS、動画サイトなどで、拡散される方法を中心に紹介していきます。
 

アイコンを作成サービス

 
顔のパーツを組み合わせて、または写真をもとに自動でアイコンを作るサービスは、家族や友達同士で楽しめるのでSNSでも拡散されやすいです。
意図するターゲットに気に入られやすいタッチの画像を作成するのがポイントです。
 

ハッシュタグを使ったPR

 
商品やサービスにまつわる面白いエピソード、フォトジェニックな写真などを募集して、イベントのように盛り上げるPR方法は、興味を惹きつけます。
一番面白いと思った投稿や美しいと思った写真に、プレゼントや賞金を与える方法で募集すると人が集まりやすいです。
 

人の心を掴める動画を作る

 
商品やサービスにまつわるストーリーを紹介する形の動画はよく見かけます。
やはり背景が見えると、購入するきっかけになります。また、感動や笑いを誘う動画はネット上で拡散されやすく、人の心に残りやすいです。
 

人の顔を使う

 
顧客を惹きつける方法として、ブランディングのためにどこにもいないほど美しいモデルを選び、購入意欲を高める、という方法があります。
しかし、特に自分と似たような印象を与える人だと、自分に投影し、共感を与えやすいと言われています。
売りたい商品・サービスのターゲットを意識したモデル選びが重要です。
 

丁寧な対応

 
質問投稿フォーム・質問サイト、SNS上の返信などで、ひとりひとりの顧客へ返信し、丁寧な対応をしていると、いつの日か利益として返ってくることがあります。
丁寧な返信をしてもらえた顧客は、リピーターになってくれる可能性があります。
また、家族や友人に「この商品・サービスはいい!」と紹介するかもしれません。
複数人が見ることができる、質問サイトやSNSでは、ニュースで紹介されて世間的に話題になるかもしれません。
 
紙媒体の広告では、印刷代や広告のスペース代という制限がありますが、ウェブ上ではほとんど制限がなく、自由に文章や画像を入れることができます。
その自由度を活用して、うまく顧客の心を掴めるといいですね。
やはり誰にも思いつかないような斬新な広告やPRは印象的で心を奪われるので、数人でアイデアを出し合ってみるといいかもしれません。
 
 
ライター:あみれ
Twitter:@32amire
 
 

SponsorLink

Related Articles