SHIDEN DESIGN BLOG

htumnail_20170216

バズワードを予測する3つの方法

SponsorLink

あらかじめバズワードを予測して、ウェブサイトやSNSでその単語を中心とした話を書いておけば、検索から大きな流入があるかもしれません。
流行する単語を見つける方法を紹介しようと思います。
 

ニュースサイトをチェックする

 
まず、新しく、関心を持てる情報を定期的に発信する敏感なサイトをチェックしてください。
そういったサイトではトレンドを抑えていることが多いので、非常に参考になります。
トレンドを抑えているニュースサイトをRSSリーダーに登録しておくと、ひとつひとつのサイトを巡回しなくても済むので、少ない時間でチェックすることができます。
 
RSSリーダーで有名なものとしては、FeedlyやInoreaderがあります。
自分に合ったサービスを使って毎日新しい情報をチェックし、バズワードを予測しましょう。
 

Googleトレンドを見る

 
気になる単語をGoogleトレンドの検索バーに入れて調べることができます。
時間の流れに対する検索されたボリュームがわかるグラフが出てくるので、検索した単語がどのくらい流行しているのかわかります。
一概には言えませんが、グラフが下向きであれば流行は終わりかけ、上向きであれば今後もっと流行する可能性のある単語です。
いくつかの単語をGoogleトレンドに入れると、同じグラフに出てくるので、比較することもできます。
期間、国、カテゴリー、検索の種類、など検索する項目を細かく設定できるので、目的とするターゲットに近い設定にして検索することができます。
 

Twitterのトレンドを見る

 
Twitterでは頻繁にツイートされている単語はトレンドに上がってくるので、見ることができます。
特にテレビやイベントの情報はトレンドに上がりやすいです。
トレンドのツイートを見て、そこから流行しそうな単語を拾ってもいいかもしれません。
Googleトレンドのように、Twitterのトレンドでも地域の設定ができるので、特定のターゲットをイメージした検索がしやすいです。
 
トレンドに乗っているハッシュタグは見られやすいので、商品やサービスのテーマに合うものであれば、ハッシュタグをつけてツイートしてもいいかもしれません。
もちろん、ハッシュタグはふつうの場合、日常で一般人が使うものなので、企業のイメージにカジュアルさを与えたくない場合はやめておいたほうが無難です。
 
バズワードを予測する一番の近道は、新着情報やニュースに敏感になることです。
定期的にチェックしておきましょう。
 
 
ライター:あみれ
Twitter:@32amire
 
 

SponsorLink

Related Articles