SHIDEN DESIGN BLOG

thumnail_20170419

illustratorのブレンドを使って作る3Dロゴタイプ

SponsorLink

立体的なロゴタイプを「押し出し・べベル」ではなく「ブレンド」で作るillustratorのチュートリアルです。
すごく簡単なので、試してみてください。
 
 
STEP 1
 
先ずは、好きな文字を入力します。
ろくでもない文字列しか思い浮かばなかったので「Shiden」としておきました。

image_2017041901
 
 
使用したフォントの「S」が、少しイメージと違うので、他のフォントの「S」に変えて、サイズを調整してみます。

image_2017041902
 
 
今回使用したフォント

 
 
STEP 2
 
メインメニューから「オブジェクト」>「分割・拡張」を行います。
Shift+Ctrl+Gでグループ解除し、文字の位置を調整してください。

image_2017041903
image_2017041904
image_2017041905
 
 
STEP 3
 
「S」の角ばった部分が目立つので、ペンツールを使いオブジェクトを作り「パスファインダー」>「前面オブジェクトで型抜き」を行います。

image_2017041906
image_2017041907
 
 
STEP 4
 
「h」以降の文字を選択し「パスファインダー」>「合体」行います。

image_2017041908
 
 
STEP 5
 
全ての文字を選択し、メインメニューから「パス」>「パスのオフセット」を選択します。
各設定は、好みで調節してください。

image_2017041909
image_2017041910
 
 
Shift+Ctrl+Gでグループ解除します。
内側のオブジェクトを全て選択し、塗りのカラーを変更してください。

image_2017041911
 
 
外側のオブジェクトを選択し「パスファインダー」>「合体」を行います。

image_2017041912
 
 
STEP 6
 
外側のオブジェクトを選択しAlt+Shiftを押しながら右斜め下にドラッグし複製します。

image_2017041913
image_2017041914
 
 
複製した外側のオブジェクトとオリジナルの外側のオブジェクトを選択した状態で、メインメニューから「オブジェクト」>「ブレンド」>「作成」。
 
続けて、メインメニューから「オブジェクト」>「ブレンド」>「ブレンドオプション」を選択します。

image_2017041915
image_2017041916
image_2017041917
 
 
ブレンドオプションのパネルから「間隔」を「ステップ数」にし、大き目の数値を入力します。
今回のデモでは「40」にしています。

image_2017041918
image_2017041919
 
 
STEP 7
 
ブレンドを作成したオブジェクトを選択し、メインメニューから「オブジェクト」>「分割・拡張」を行い、続けて「パスファインダー」>「合体」を行います。

image_2017041920
image_2017041921
 
 
STEP 8
 
STEP5で塗りのカラーを変更した、内側のオブジェクトを選択します。
線の幅を3pt程度にし、好きなカラーを選択します。

image_2017041924
 
 
ブレンドを使った3Dロゴタイプは、これで完成です。
 
これだけでもいいですが、少し味気ないのでローリングストーン誌のロゴの「あの感じ」で、色をつけた線の内側に影をつけてみたいと思います。
 
 
STEP 9
 
内側のオブジェクトを選択しAlt+で複製し、線のカラーを黒に変更します。

image_2017041923
 
 
線のカラーを変更したオブジェクトをCtrl+]で、線のカラーを変更していないオブジェクトの背面に配置し、線のカラーを変更していないオブジェクトを選択します。

image_2017041922
 
 
塗りのカラーを消してください。

image_2017041925
 
 
フォントの丸みに対して、線の尖った感じが気持ち悪いので、線のパレットから「角の形状」を丸くしておきます。

image_2017041926
 
 
以上で、今回のチュートリアルはおしまいです。
 
 

バリエーション

 
ローリングストーン誌の「あの感じ」なんてやっちゃいましたがSTEP8の状態から、塗や線を変更するだけでも色々できると思います。
 
塗りを黒にしたり。

image_2017041927
 
 
塗りをグラデーションにし、線を消したり。

image_2017041928
 
 
ブレンドを作成したオブジェクトのカラーを変更し、内側のオブジェクトにペンツールを使ってハイライトを入れてみたり。

image_2017041929
 
 
キリがないのでこのへんで。
 
 

最後に

 
勿論、今回のエントリーは「押し出し・べベル」より「ブレンド」が優れているとか、そんな事が言いたいわけではありません。
似たような事が出来る機能があった場合、表現したいものやPCの処理能力に合わせて、その都度どちらかを選択するのがベストなわけですから。
 
 

SponsorLink

Related Articles